水素水サーバーとは?

水素水買うなら水素水サーバー?


 

水素水サーバーとは、水素水生成器のことです。

これがあればわざわざお店で買わなくても自宅やオフィスで水素水を作ることができ、好きなだけ飲むこともできます。

水素水は一度開封すると時間の経過と共に水素が抜けてしまうため、本来なら飲みたい分だけ用意できるのが理想です。

しかし市販のものはそういった融通が利かず、飲み切れずに水素を無駄にしてしまうことも珍しくはありません。

水素水サーバーを設置してしまえば、そこの懸念が解消されるわけです。


 

 

水素水サーバーにも種類がある


水素水サーバーには、大きく分けて4つの種類があります。

具体的には、水道直結型・給水型・ガロン式・ポータブル型とあり、中でも給水型とポータブル型はその気軽さから、最近の水素水ブームに合わせて高い評価が集まっています。



 

水道直結型水素水サーバー

給水型は普段の水道水がそのまま水素水になるため、飲み放題かつ様々な用途に使いやすいメリットがあります。




 

ポータブル型水素水サーバー

またポータブル型も非常に人気で、どこでも持ち運んで外出先で水素水を作れることから、主に働く女性たちから喜びの口コミが寄せられています。

初期費用が安く、所有している芸能人が多いのも理由と言えるでしょう。



 

ガロン式水素水サーバー

ガロン式はとても場所を取りますが、水素水の味が美味しく温水冷水それぞれに対応できる強みがあります。

レンタル費用も安めで、水素水そのものの料金は飲んだ分だけ支払う計算です。

ガロンの交換の手間などが気にならない人であれば、こちらでも十分な満足感を得られるはずです。



 

給水型水素水サーバー

最後の給水型ですが、ガロン式とは違いスペースを取らないことが魅力です。

外へ持ち運ぶには大きいものの、自宅やオフィスで使用するには最適なコンパクト設計となっています。

当然工事も不要で手に入れたその日から水素水を飲めるので、水素水デビューに向いているのです。




どの水素水サーバーを選べばいいか

キッチンや寝室などに置いておきたいという人は、給水型の設置が推奨されます。

 

通常のウォーターサーバーとの大きな違いは、一括購入やレンタルに掛かる料金の幅が広いことです。

水素水の良し悪しは水素濃度の高さで決まり、高濃度の水素水を作れるものほど費用が沢山掛かります。

 

水素水の存在は、ここ数年の間で一気に広まっていきました。

アンチエイジングなどに効果があるとされるため女性を中心に人気がある一方で、意識的に頻繁に飲む必要があるため、
毎回市販の水素水を購入していてはランニングコストが膨大になってしまいます。

水素水サーバーは、こうした不安も解消してくれる便利なものなのです。

現在既に水素水が手放せないような生活を送っている人は、水素水サーバーの設置を考えてみましょう。


そうすれば、より効率の良い水素水生活を楽しむことができます。

 

 

ルルド ハイドロフィクスの特徴

ルルド ハイドロフィクス

0.5リットル〜1.5リットルまで生成可能。
溶存水素濃度1.2ppmの高濃度水素水を手軽に楽しめます。
水素を水に溶け込ませた溶存水素タイプの水素水ですので、白濁しないタイプです。
メーカー保証5年がついた安心の純日本製モデルです。
ボタン1つのカンタン操作。
水素水を作ってから時間がたってしまっても大丈夫!12時間追い炊き機能も付いています。
ご自宅の水道水をお使いいただけます。

価格 (税込)154,224円
評価 評価5
備考 水素吸入セット9,720円が無料でついてきます。
ルルド ハイドロフィクスの総評

期間限定で「水素ガス吸入スタートセット」が無料でついてきます。

(キャンペーン期間に関しては公式HPでご確認ください。)
別容器に移すと水素濃度はかなり減ってしまうのが普通ですが、
ルルドハイドロフィクスなら別容器に移して12時間後でも1ppmを持続します。
また、ルルドハイドロフィクスなら溶存水素濃度が一目でわかるメーターがついています。
水素濃度が減ってきたのなら、追い炊き機能を使って、いつでもできたての1.2ppmの水素水を使えますよ。
水道水を使えるので、「ちょっとコップ1杯だけ水素水がほしいな」っていう時でもボタン一つですぐに作れてかなり便利。
一度に大量につくる必要はないので、ルルドハイドロフィクスがぴったりでした。
もちろん1.5リットルを一度に作ることもできます。
他のサーバーと比べてすこしお値段が安めなのが嬉しいです。